フィルトレーションテクノロジーのグローバルリーダー、ドナルドソン。

製品情報

フィルタメンテナンスガイド

集塵機

お使いの集塵機、次の定期点検はいつですか?

      

日々、作業現場で発生する粉じんを吸引している集塵機は、作業現場の改善はもちろん、働いている方々の健康と安全、さらには環境汚染対策にも役立っています。

作業現場に欠かせない集塵機は、定期的な点検をおこなうことで、安心安全な環境作りに、より長くお役に立つことができます。

お使いの集塵機、次の定期点検はいつですか?

お使いの集塵機、大量の粉じんを吸引しています。

お使いの集塵機、大量の粉じんを吸引しています。

粉じんを吸引する前の集塵機用フィルタ(写真:左)と、使用後(写真:右)を比べると、白くみえる粉じんを大量に吸引していることがわかります。
これだけの粉じんが付着したまま、集塵機を稼働させると、吸引力の低下や動作不良、機械故障、さらに、火災などの重大な事故に繋がりかねません。

定期的に点検をおこなうことで、適正な時期のフィルター交換、他にも部品の調整など、不具合が発生する前に対策をとることができます。これにより、機械故障だけでなく、重大な事故を未然に防ぎ、集塵機を安全に 、より長期間稼働させることも可能です。

フィルター交換していますか?

粉じんの捕集は、フィルター表面だけでなく、表から見えないフィルターろ材内部でも捕集しています。
ドナルドソンの高効率フィルターろ材は、非常に複雑で繊細に製作されており、捕集した粉じんを、水や空圧などの洗浄で取り除くことはできません。無理に粉じんを水や空圧などの洗浄で取り除こうとすると、繊細な フィルターろ材が破損してしまいます。
さらに、不必要なフィルター脱着時に、破損の可能性もあります。
ほんの一部でも破損したフィルターは、少しずつ「粉もれ」をおこし、気づいたときには集塵機本体の故障や周辺の作業環境にも悪影響をおよぼしていきます。

定期的な点検では、「粉もれ」や、「目詰まり」を起こす前にフィルター交換時期を判断することができます。
日本ドナルドソンでは、適切な時期に新しい適正フィルターへの交換をおすすめしています。

フィルター交換していますか?
            

定期点検のススメ

             
長期間の作業現場の環境維持と、集塵機の安定した稼働のため、日本ドナルドソンでは、集塵機の定期的な点検をおすすめしています。
フィルターが目詰まりしていませんか?

点検は、集塵機付属の「取扱説明書」に記載されている「保守点検項目」に従いおこなってください。
(点検項目内容は機種により異なります。)
点検前は、必ず電源を切り、保護具着用の上、各部品の動作確認を忘れずにおこなってください。
     
※詳しくは、「集塵機メンテナンスガイド」をご覧ください

交換用フィルタのお問い合わせ

・お問い合わせフォーム
    こちらのフォームより、お問い合わせください。

・お電話
   042-540-4114(集塵機)
     受付時間:平日 9:00~18:00(土・日・祝日・会社指定休日除く)

お問い合わせ・カタログ
フィルタメンテナンスガイド

ページTOPへ戻る